忍者ブログ

我愛你

一人潰し
あなたへ

 ご存知のように、今はアメリカ人がリードしている部門の営業アシスタントをやっています。メインの仕事はデリバリー管理です。外に行くチャンスもあまりないし、退屈な毎日を送っています。面接の時、イメージしたことと乖離が大きいです。乖離が大きいかといっても、私がしっかり確認していなかった、転職の主要目的を見失うのは今日の局面になる主な原因です。
 営業職のつもりで面接にいったが、営業アシスタントとして採用された、営業アシスタントでも、半年後ぐらいで営業になれるだろうと根拠なく思い込んでいました。日本語学者の友達に、「これから、もっと給料の高い英語を使う仕事をするよ」と言ったときは、メンズ張り。
 海外出張に行って、商談を纏めたりして、外国人ビジネスパーソンと流暢に会話する自分の姿たけが頭の中イメージとして広がり、あまりにもこんなキャリア理想像に引かれ、仕事の内容を詳しく聞かずに、今の会社に入りました。
 他の日系会社とあまりにも違うから、この会社に最終決めたけど、外資風だから、女性の出世チャンスも高いし、英語が上手になれば、夢の商社仕事につけるだろうと甘い考え方でした。しかし、現実と理想のギャップはあまりにも大きいです、どうやってギャップを埋めるのが分からないです。ベストを尽くして、庶務の仕事からやって、そして、2~3年後、一人前の営業になるか、道長いです。その道の中にも、沢山捨てなければならないものもあります。日本語はその一つ、外回りの楽しい生活もその一つです。
 若いから、色々将来性があることが分かっているが、でも、日本語の使う仕事だったら、もっと早く出世できるじゃないかとも戸惑っています。だから、今の仕事向いていないと思います。判断を出すのが早い、あるいは、もともとの理想像をあきらめるのが早いと見られるかもしれません。
 実は、こんな問題は全部この会社に入る前、考えなければならないけど、当時は会社の知名度、待遇条件ばかり気にして、仕事の内容などは全然考えなかったのです。
 周囲の友達に「今の仕事頑張ればいいじゃないか」と言われたが、もちろん、私も道理を知っています。出世できるためには、寂しく我慢することも大事です、苦労せずの成功は世の中にはないこと。でも、もっと楽しく努力することはないでしょうか。本当に自分が楽しくやれる仕事であれば、成績も出やすいでしょう。
 偶々、本当に自分の今設定している目標は正しいかも迷っています。大学時代、日本語を勉強し始めたころ、商社に勤めた先輩が学校に尋ねてきて、しっかりしている、仕事できそうな姿に引かれ、商社の営業を目標にしてきて、日本語/英語両方勉強してきた。でも、実際問題は商社の営業仕事では女性向けのポジションが少ないし、女性が営業部門の管理職になりのもほんの少しだけで、理系背景が必要の時も多いです。そうだったら、どうしてあっちに行きますか。給料もそれほど多くないです。また、メンズのためですか。
 では、キャリア軌道修正しますか。私は、外を飛び回るのが好きで、社交的な性格で、初対面の相手にも怖じしないので、今まで2年の営業仕事も楽しくやってきたし、いかにも営業適性が高いと思います。一体、私のやりたい、出世できる仕事は何ですかと自問自答しました。答えはまだ分からないです。
 今の仕事をもう少し続けるか、あるいは、一刻も早く軌道修正するかも目の前の問題です。前職から逃げたから、こうなってしまった。ここでまた仕事から逃げたら、自分はもっとダメになってしまうかとも考えている。でも、折角2年ぐらいの営業経験があるけど、どうして今はアシスタントの仕事やらなければならないのか、上手になった日本語はあるけど、どうして下手くその英語を使って、仕事をするのですか。一体、何のため、自分をそこまで苦労をさせるか、あの理想像ですか。
 あの理想像を実現するため、ほかの道もあるじゃないか。どちらでも今より理屈が通じます。あの理想像の中で、私が本当に好きなのは、ただの一人での客回り、人とコミュニケーションすることじゃないですか。人材派遣会社に問い合わせに行ったら、もっと面白うそうな仕事もあります。出張のあるマーケティングの仕事でもやってみたらと。
 私が考えているのは、今はまだ20代の半ば頃だから、まだまだ選択肢が多いけど、20代の後半になったら、キャリアはもう固められて、難しくなるじゃないかと思います。今の仕事をやって、3年後でもアシスタントであったら、これからはもう率先性がなくなり、営業の仕事に転身するのかはもうできないじゃないと、そろそろ、30になったら、また家庭問題も出てきました。
 先のことを考えすぎるのは私の一番大きいな弱点でしょう。ほしいものが多くて、なかなか現状に満足できないタイプです。
 最近、偶々、優秀な商社マンに囲まれた前職の仕事を思い出しました。今さえ、昔のことを考えるのが何の意味もないですけど。私が配属している前職の会社は、まだ事務所で、組織上で現地で何も決まらないので、現地法人、数字の持っている会社に行きたくなる、また、私が一所懸命に要請していなかった、よく見ていなかったかもしれないが、仕事はそれほど任せてくれなかった、上司をサポートするのがメインです、どのぐらい仕事をハンドルしているかともないです。上司と相談したら、局面を改善でるはずだったが、当時は転職ばかり頭の中にあって、何もしなかった。もっと冷静な目で現状を見て、分析したら、もうやめないかもしれませんが、新規事業だし、少人数の会社だし、もっともっとチャンスはあるでしょう。
 何だか、3年目になって、漠然とした不満があって、2年働いた会社を飛び出し気持ちいっぱいです。不満が何かといっても、有給が少ない、ボーナスは年中の一ヶ月分しかない、福祉厚生が不健全などの理由。会社のいいところは全然感謝していなかったんです。
 でも、身が離れてきたからは、一つのいいことがあります。それは、悪いことは全部忘れでき、いい事、暖かい思い出しか心のそこに残していなくなりました。
 実は、一人前の社会人としては、一回決めたら、もう迷わないべきですけど、しかし、頭の中には、もう少しほかの仕事でも見ようという気持ちが何となく抑えられなく、バカだれの私が落ち着くにならないです。
 もっと、自分自身のことを分析すれば、やっぱり日本語の使う、適正の営業職に行くべきです。2年営業経験、名門卒の学歴があって、日本語、英語もある程度できますから、今でも、適性の高い仕事を見つけるでしょう。後悔してもしょうがないです。
 もう二度の失敗は許せませんから、慎重に考えて行きます。頑張ります。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

  
プロフィール
HN:
H
性別:
女性
職業:
ドエス女主人様
趣味:
H、Diet、shopping
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
最新CM
[04/20 free]
[04/20 free]
[07/18 free]
バーコード
ブログ内検索
Copyright ©  -- 明日も晴れるだろう Ⅲ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]